ひとをダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~ あらすじと無料試し読み

ひとをダメにするちょいブス

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!

 

 

 

チンジャオ娘さんの大人気漫画「ひとをダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~

ひとをダメにするちょいブスは公式サイトで無料試し読みすることができます。

登録不要で無料試し読みできるのでまずは読んでみてください。

 

 

人をダメにするちょいブス公式サイトはこちら

サイト内で「人をダメにするちょいブス」で検索すると読めます。

 

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!

 

 

ひとをダメにするちょいブス 概要

漫画名 ひとをダメにするちょいブス
作者 すぺしゃるじゃー チンジャオ娘
出版社 KATTS
掲載誌 愛玩☆実験室
価格 1話84円
無料試し読み 可能

 

 

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!

 

 

ひとをダメにするちょいブス あらすじ

コンセプトは「もっともセックスに都合が良い女」

ブスが犯されて中出しされて妊娠するという壮絶な内容となっています。

ブス専にたまらない漫画ですし、ブス嫌いも意外と興奮できる内容です。

 

ひとをダメにするちょいブスの感想

ひとをダメにするちょいブスは今までに無い作品です。

普通のエロ漫画は可愛い女が犯されるという設定が多いですが、今回はあえてブスに着目しています。

意外とブスの方が名器だったりします。

 

ムッチムチなマンコは締まりが良く気持ちよすぎる体を保持しているブスが多いのです。

ブスを犯しまくるシーンは見ものです!

 

ひとをダメにするちょいブスのジャンルは

 

・ブス専

・レイプ系

・中出し系

・アナル系

に属します。

 

かなりマニアックな漫画なので好き嫌いはありそうです。

 

まずは無料試し読みから読んでみるといいですね。

 

 

ひとをダメにするちょいブスの名シーン(ひとをだめにするちょいブス 3話より)

 

はぁ…っ!はぁ…っ!

 

男は祥子に向かって激しく突進してきた。

男は鼻息を鳴らしながらベッドに倒れた祥子を羽交い締めにして押し倒した。

 

 

恐怖におののく祥子を無理やり襲った。

 

「こんなことダメです!お願いします。やめてくださいな!」

 

祥子は恐怖の中でも必死に抵抗した。

恐怖のあまり語尾がおかしくなってしまったのだ。

 

これから何をされてしまうのだろうか。
祥子は今までに人生が走馬灯のように蘇ってくる。

 

 

子供のことパパとままごとで遊んだ思い出。

お母さんとキャッチボールした思い出。

 

パパとご飯を一緒に作った思い出。

ママとお相撲をしてはっ倒された思い出。

 

 

祥子はなぜかこの状況で、今までの思い出に浸ってしまうのだった。

 

 

 

「はぁ…な、な、な、名前は…?」

 

男は祥子の対して名前を伺った。

 

「え!この状況で名前?」

 

祥子は動転していたが、はっきりと答えた。

 

「小川祥子 28歳独身!」

彼女答えた。

 

「おお!そうか。祥子ちゃんか。元気いいね。挨拶がすごい」

 

男は元気な祥子を見て薄笑いをしながら祥子を犯そうとしていく。

 

「ああ!!ゃ、やぁっ…」

 

今までの思い出を思い返す祥子の目には涙があった。

涙が伝う祥子。

 

ムチムチの体。

 

ピチピチの服から男は胸を揉み施す。

 

男はさらに激しく興奮し、祥子の服をビリビリにやぶりブラを露呈させた。

 

今まで男と関係を持ったことのない処女の祥子。

 

これから初めて男と関係を持つことになる。

 

恐怖とどこか喜びが入り混じったのだった。

 

ブチブチと音を立てて男は祥子の服を破った。

 

そして現れたのはピンク色の硬く勃起した祥子の乳首だった。

 

「はぁ…はぁ…!可愛い…ピンクだぁ…」

 

 

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!

 

 

ひとをダメにするちょいブスの名シーン(ひとをだめにするちょいブス 5話より)

男は祥子をベッドに倒してから祥子をレイプした。

 

「やぁッ!やめて!」

祥子は必死で抵抗した。足をバタバタさせ男をなんとか振り払おうとしたが男の力には敵わない。

 

 

男はキャッキャと笑い、気持ち悪い笑みを浮かべてこう言った。

 

「祥子ちゃん?見えるよ。マンコ見えちゃうよ。このマンコを見せたの初めてじゃないの?とっても綺麗だよ〜」

 

 

男は祥子のマンコをまじまじと見ている。

祥子は恥ずかしさと恐怖のあまりアソコはジュルジュルに濡れている。

 

黒光りした肉ヒダが小刻みに揺れ、テカテカとてかり出している。

 

 

男は祥子のパンツをズルッと下げ、顔を近づけて行った。

口で愛汁を吸おうという魂胆だ。

 

 

「うわ〜すっごい!祥子ちゃんのオマ〇コ愛汁が溢れ出しているよ?これ飲んでいいかな?」

 

「ダメ〜・・・そんなところ舐めちゃダメ〜」

祥子は言葉では抵抗するが、下半身は舐めてもらうことを受け入れていた。

 

 

「ああ。祥子ちゃんよ。君はなんて悪い子なんだ。いっぱいお仕置きしなきゃね…」

「マンコから愛汁が出なくなるまで吸い取ってあげるよ」

 

そして男は祥子を四つん這いにならせ、マンコとアナルを露わにさせた。

 

「いやー!こんなの恥ずかしい!全部見られてしまう〜」

祥子は恥ずかしそうに悶えたが、男の口はジュクジュクになったマンコに口を吸い付かせた。

 

 

「ぎゃー!!」

 

 

祥子は今まで経験したことのない快楽を感じ、悲鳴に似た喘ぎ声を出したのであった。

 

 

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!

 

 

 

 

ひとをダメにするちょいブスの名シーン(ひとをだめにするちょいブス 6話より)

それから男はカバンからピンク色の物体を取り出した。

そこにはスイッチが付いており、そのスイッチを入れるとブーンという機械音とともに超音波のように小刻みに振動運動を始めた。

 

そして男は祥子のマンコにその機械を挿入するのだ。

 

「祥子ちゃん?気持ちいい?すっごいよ。祥子ちゃんのおマンコからこんなエッチなお汁はビチビチと溢れているよ」

 

男はさらに興奮し気持ち悪い言動を繰り返し始めた。

 

 

 

「アッ…アァ…、もうやッアッ!やめてぇ…!アッアッアァ…!」

 

祥子はガクガクと痙攣しながらなんとか声を振り絞った。

 

しかし祥子の体は快楽に溺れ、ローターを拒むことができなかった。

 

 

祥子は感じているところを見るなり男はさらに興奮し、ローターに強さをマックスにした。

 

そして愛汁で輝かるローターをマンコに奥まで強く挿入したのだ。

 

 

激しく振動するローターは祥子の子宮の入り口の直撃したのだ。

 

「んぁっ…!!!んぁああああっ!!んぁあああああっ!!!」

 

まるで動物のような喘ぎ声をあげる祥子。

 

子宮の入り口を刺激され祥子は気が狂いそうになっている。

 

「そこはダメ。赤ちゃんのお部屋だよ。そこを強くノックされると赤ちゃんのお部屋が開いちゃう。そうしたらあなたの赤ちゃんを迎え入れないといけないわ」

 

祥子は気持ちよくなりすぎて、普段見ているエロ漫画のセリフを言い始めた。

 

この状況で祥子は新世界を開花させるのであった。

 

そして男は自分のズボンのベルトをほどき、ズボンを脱ぎ捨てた。

 

ギンギンに反りたったペニスがパンツでテントを張っている。

 

「早く俺を解放してくれ!」と言わんばかりにペニスが苦しそうの悶えていた。

「OK!OK!今お前を解放してあげるからな」

と男は自分の息子(ペニス)に優しく問いかけ、

 

ブルンっ!!

 

と音を立てながらパンツからペニスを解放させた。

 

そのペニスに先端からはジュルッとした液が出ていた。

 

祥子を孕ませることに必死になったペニスは「戦闘汁」を放出させるのであった。

 

 

そして大きく反りたったペニスをジュルジュルに濡れた祥子のマンコに挿入するのだ。

 

 

「あぁゔぁゔぁ!!あぁぁぁぁああああ!!あぁぁばゔぁゔぁゔぁゔぁゔぁ!!」

 

初めての巨根を体内に受け入れた祥子。

 

我を忘れて動物になってしまった。

 

激しい喘ぎ声がホテル中に広がっていった。

 

 

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!

 

ひとをダメにするちょいブスの名シーン(ひとをだめにするちょいブス 8話より)

 

男は執拗に指で祥子を責めた。

 

「あッ!だ、だめ!そんな…イジメちゃヤァ~!ま、またイッちゃう…!」

 

すると男はその言葉に反応し

「あらあら。祥子ちゃんはエッチだね。こんな状況でも昇天しちゃうんだね」

とさらに激しく指を動かした。

 

「あぁぁぁあああ!!」

祥子はさらに悶え出した。

 

 

「アッ!そこダメ…!アッ!アぁッ…!」

 

 

 

男は祥子のGスポットを見つけて激しく刺激する。

Gスポットを刺激するたびにビシャビシャと音を立てながらお汁が飛び散る。

 

潮を吹きながら祥子は痙攣して逝ってしまうのだ。

 

 

「アッ!ダメダメ!

 

私、おかし…アッ!

 

おかしくなっちゃアァッ!

 

ダメ!ダメ!

 

そこはダメ!

 

死んじゃう!」

 

 

 

 

 

「ヤァ~…!

 

またイッちゃう!

 

アッ!アッ!アァッ!」

 

 

 

 

 

「アッ!お願いします!

 

イカせて下さい!

 

もっと激しくイかせてください!」

 

 

 

 

祥子は理性を失い、男から犯されることを懇願し始めた。

 

そして祥子は涙を流しながらビクビク震えて絶頂した。

 

死んだもののようになった祥子。

 

まるで廃人だ。

 

こんな快楽に溺れたことはない。

 

初めての経験に祥子はセックス依存症になっていくのであった。

 

 

ひとをダメにするちょいブスの名シーン(ひとをだめにするちょいブス 4話より)

 

「あぐぅうう!」

祥子はブタのように喘いだ。祥子はまだ男を知らなかったが男によって女にさせられた。

 

男から快楽を教えてもらったのだ。

 

男が角度をGスポットに当たるように変え、祥子の尻を抱えるようにして

ズドン!ズドンという垂直な突き込み始めた。

 

「いい~!ああ~!いいい~~~~!」

 

祥子は苦しげに叫んだ。

 

巨根が祥子の奥深くまで突き込み、子宮の入り口まで到達している。

 

ブルブルと祥子は震えた。

 

顔は人間をやめてしまっかのような顔をしている。

 

腿と尻がガクガクと震え、絶頂を迎えようとしている。

 

 

「うぐぅ、イク、イク、イグ~~~!」

 

 

そう叫んで祥子はぐぐぐっ!と腰を宙に浮かせ、背を反らせると、

ガクンガクンと大きな痙攣をするかのようにベッドの上で大きなひきつけを起こした。

 

「あゔぁゔぁ、、あゔぁゔぁゔぁ」

「…………」

 

祥子は見るも無残な様子で絶頂に達した。

 

 

毎日こうやって性奴隷になる祥子。

 

初めての男にこんな恥辱を味わう日々。

 

しかし快楽を感じ始め祥子はセックス漬けに毎日に幸せを感じ始めるのだった。

 

 

ひとをダメにするちょいブスの名シーン(ひとをだめにするちょいブス 9話より)

 

祥子は小さな声で喘いだ。

 

「ぁ、いゃあん」

 

熟れたアワビが男の前に現れる。

 

ジュルジュルと愛汁を吸いながら硬く勃起した突起をチロチロと舐め上げる。

 

「ぁ、ぁ、ぁ、ぁっ」

祥子は小さくビクビクしながら感じ始めた。

 

祥子は淫欲の吐息を漏らし、肉棒を受け入れる準備を始める。

 

アワビの中はジュクジュクに濡れきっていた。

 

「ぁ、いい。それいいっ……ぁあん」

 

びらびらした花びらが男の前で踊る。

肉壁が艶やかに輝く。

 

「ぁん、いい、これ感じちゃいます。とっても気持ちいいです。」

 

祥子は我を忘れ、クリトリスを差し出した。

ジョリジョリと淫毛が男の顔の前で上下運動を開始した。

 

 

「ぁん、いい、感じちゃう……ぁあんいいっ」

 

それから祥子を四つん這いの体制にならせた。

 

そこには2つの穴があった。

 

茶色い菊紋が露わになっている。

 

男は二つに穴を下から上へと順番に舐めた。

 

 

「ぁあいいっ、」

 

あまりにも気持ちいいのか、祥子は卑猥な喘ぎ声をあげた。

 

 

そしてその後男は、股間にある黒い凶器を祥子のアワビを撃ち抜くのだった。

 

 

 

ひとをダメにするちょいブスを無料試し読みする方法

無料試し読みする方法はこちらに図解入りで書いたので参考にしてみてください。

 

人をダメにするちょいブス公式サイトはこちら

サイト内で「人をダメにするちょいブス」で検索すると読めます。

 

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!

 

 

 

ステップ1

公式サイトにアクセスしたら検索窓に「ひとをダメにするちょいブス」と入力します。

 

 

 

 

ステップ2

「ひとをダメにするちょいブス」が出てくるのでそこをタップします。

 

 

 

 

ステップ3

ひとをダメにするちょいブスの脇に「無料試し読み」というボタンがあるのでそこをタップします。

 

 

 

ステップ4

そうするとスマホですぐに試し読みができます。

まずは無料で読んでみてください。

 

人をダメにするちょいブス公式サイトはこちら

サイト内で「人をダメにするちょいブス」で検索すると読めます。

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!

 

 

ひとをダメにするちょいブス 関連記事

 

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!