ひとをダメにするちょいブス 2話【ブスといると切なくなる】 

ひとをダメにするちょいブスでは、
合コンで知り合った洋子ちゃんと主人公の男が一緒に喫茶店に行くシーンがあります。

 

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!

 

 

前回のあらすじはこちら

ひとをダメにするちょいブス 1話【セックスに都合の良い女】

 

 

 

ひとをダメにするちょいブス 2話のシーンでは男はつまらなそうに呆然として天井をみています。

 

ちょいブスの洋子ちゃんは初めてのデートでドキドキして話ができません。

 

一方はつまらない

一方はドキドキ

 

このギャップが見ていて苦しくなります(笑)

 

男の方はこんな時間を過ごしているのも無駄に感じてしまうので、すぐにホテルに連れ込もうとします。

洋子ちゃんの方も拒むことはせず言われるがまま奴隷のように言いなりになります。

 

ホテルでは激しいセックスが待ち受けている

主人公の男は洋子ちゃんをセックスに都合の良い女としか見ていません。

 

洋子ちゃんを喜ばせようとかそんなことは一瞬も思わず、ただ自分が気持ちよければそれでいいと言う自分勝手な感情しか持っていないのです。

 

それで洋子ちゃんは「ゴムつけてください」と懇願してもその懇願を受け入れずゴムなし生挿入をしてしまうのです。

 

そして最終的に中出しと言う展開になります。

 

 

言いなりになる洋子ちゃんに興奮する

主人公のちょいブス洋子は、とにかく奴隷のように言うことを聞きます。

 

「パイズリしろ」と要求すれば不慣れな手つきながら「はい」と言い、一生懸命パイズリします。

 

「フェラしろ」といえば、嫌な顔せず一生懸命フェラチオをして「口の中で出すぞ」といえば動揺しながらも口で精子を受け止めます。

 

「出すなよ!精子全部飲め!」と言えば、「え、え、え。」と動揺しながら

「ゴックン」

とドロドロした濃い精子を飲み干します。

 

ブスなのですが言いなりになる洋子ちゃんになぜだか興奮してしまう僕です。

 

可愛くはないが超ブスでもない。

この微妙な加減が興奮を誘います。

 

ひとをダメにするちょいブス はかなり面白い漫画なのでぜひ読んでみてください。

 

ひとをダメにするちょいブスは公式サイトで読むことができます。

 

無料試し読みもできるのでまずは無料で読んでみてくださいね!

 

 

こちらに図解入りで無料で読む方法を解説しました。

 

 

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!

 

 

 

 

 

 

続きはこちら

ひとをダメにするちょいブス 【お母さんとセックスしているかのよう】