ひとをダメにするちょいブス ネタバレ無料【お母さんとセックスしているかのよう】

ひとをダメにするちょいブスのコンセプトは「セックスに都合の良い女」とあります。

 

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!

 

前回のあらすじはこちら

ひとをダメにするちょいブス 2話あらすじ

 

 

主人公である「たくみ」も最初はそのように感じていました。

 

自分の精子を処理できるだけの肉便器的存在でしか見ていなかったのですが、洋子ちゃんの120点の体と120点の性格に酔ってきて、次第に洋子ちゃんの虜になります。

 

おっぱいの顔を埋めると「いいんですよ。好きにして。たくみさんも今日頑張ったんですから」と優しく抱擁してくれるのです。

 

まるでお母さんのような洋子ちゃん。

 

お母さんとセックスしているかのような感じになってきます。

 

 

お母さん系が好きな人は満足できる内容ですね。

 

 

「ブスをメインにする」は今までなかった展開

 

ひとをダメにするちょいブスはチンジャオ娘さんが今まで書いた作品とは少し違います。

 

「今までは可愛い女を犯して妊娠させる」と言うような「可愛い女」が主体でしたが、今回は「ブス」が主体です。しかもビミョーなところで「ちょいブス」というスタンスを持っています。

 

「ブスとはヤりたくないがちょいブスとだったら一夜限りの関係になっていいか」というビミューなラインを行っているので、現実としてありそうな展開なので興奮を誘うのかもしれません。

 

そして実はちょいブスの方が性格も体も最高と言うことがあります。

 

可愛い女は性格が悪くて、体もスレンダーすぎるのでセックスの相手としては意外と悪かったりします。

 

 

しかしちょいブスの体は120点。そんな体を犯しまくって中出しして妊娠させるという展開には心が踊りますね。

 

 

ひとをダメにするちょいブスは読み応えのある作品なのでぜひ読んで欲しいです。

 

 

こちらにひとをダメにするちょいブスを無料試し読みする方法を解説したので参考にしてみてください。

 

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!