ひとをダメにするちょいブス【ケツの穴ガバガバにしてやるからなと言われ恐怖に震えるブス】

ひとをダメにするちょいブスは公式サイトで読むことができます。無料試し読みもできるので読んでみてください。

 

 

人をダメにするちょいブス公式サイトはこちら

サイト内で「人をダメにするちょいブス」で検索すると読めます。

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!

 

 

人をダメにするちょいブスの見どころ

 

「ムチムチな体を縛っておくか」

合コンで出会った男は祥子を縛るプレイを始めた。

 

「やめてください。」

「こんな卑猥なこと私耐えられません」

と祥子は縛られることをやめてほしいと懇願しますが、男はその声に耳を傾けません。

 

祥子は裸で股を広げられた状態でロープで縛られた。

 

「こんなの…やだ…やあぁ」

辱めを受けている祥子はムチムチな体を縛られる。

 

「ケツの穴ガバガバにしてやるからな」

と、アナルに挿入することも匂わす男。

 

「え。お尻の穴?」

「お尻の穴なんてだめです。」

「お尻はモノを入れるところではありません」

「男の人の大きいのなんて入らないです」

 

祥子はセックスの経験が無いため、平気でイヤラシイ言葉を述べる。

 

「いいね。」

「もっとイヤラシイこと言ってよ」

「ほら、可愛い祥子ちゃんをカメラで撮影してあげるね」

 

 

ローターが入った後の窄まりに肉棒を突っ込まれ泣き喚く祥子。

「ほらほら、頑張って!」

「ほら、ここが前立腺だよ?」

「君の穴すごく締まるよ」

無理やりローターを入れられた祥子はガクガクと大きく痙攣しながら感じ始めた。

 

今までに感じたことのない快感と激痛が祥子を襲う。

 

「もう入らないぃ!!入らないからぁぁぁ!!」

「うぎゃぁぁぁぁぁ!!」

と動物のように喘ぐ祥子。

 

 

アナルを開発された祥子はもう性奴隷に堕ちてしまったのである。

 

 

この続きはひとをダメにするちょいブスは公式サイトで読むことができます。

無料試し読みもできるので読んでみてください。

 

人をダメにするちょいブス公式サイトはこちら

サイト内で「人をダメにするちょいブス」で検索すると読めます。

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!