手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話ネタバレ

「あっ、あ、んん……っ」

もう我慢できない。彼に組み敷かれたまま、千沙は切なげに身をよじった。

きゅっと脚を閉じていても、その間が熱を帯びて、しっとりと潤んでくるのが自分でもわかる。

「なんだよ、いつもより感じてんじゃねえのか?」

耳元で智司が低くささやいた。

「興奮してんのは、俺にか、それともこの服にか?」

「なっ……、なに、ばか言ってんの……」

――そう言うあんただって……。

 

「ジュンヤっ…、だめなの、クリ…きもちい…イク…イっちゃう…」

「チュクチュクされるの気持ちいい?ずっとやってやるよ。ミサキがイッても、ずっと」

ジュンヤの指で、コリコリになったエッチなクリでイッちゃう…そう考えたら、あっという間にそのときは来た。

ジュンヤによるクリの愛撫は止まらない。

 

「あっ、や、いや……、見ないで……!」

あまりにも恥ずかしい恰好に、千沙は思わず両手で顔を覆った。

あらわになったそこは、すでに熱く濡れそぼっていた。

小さな入り口がじんじん疼く。さんざん指でいたぶられたのに、まだ足りない、もっと、もっと、と言っているみたいだ。

そこに、彼の欲望が押し当てられた。

「挿れるぞ」

「えっ。ま、待って、まだ――」

「待てねえ」

 

ヌルヌルで、コリコリで、切なくて、どうにかなっちゃいそう。

「あぁんっ…ジュンヤっ…イク、イッちゃう…」

「やぁん…!ジュンヤ、ダメ…!」

「ダメじゃないだろ?ミサキのクリ、硬くなってんじゃん」

ジュンヤはそう言うと、また指を愛液で濡らして愛撫を続けた。

チュクチュクチュク…と水音が強くなっていく。

私、そんなに濡れちゃってるの…?

「いいよ。ミサキがイクとこ、見ててやるよ」